2018/4/8

スーツの裏地

スーツのジャケットには裏地がついていますよね。
 
なぜ裏地はついているのでしょうか。
 
その理由としては、汗の吸収であったり、袖のすべりを良くする為の機能的な意味合いがあります。
 
素材としてはポリエステルを使用していることも多いです。
 
ポリエステルは速乾性もあり、シワになりにくく、型崩れしないのが特徴です。
 
もう一つ適した素材としてはキュプラがあります。
 
吸湿性が高く、静電気が発生しにくく、シルクのような肌触りです。
 
キュプラとポリエステルを合わせた混紡素材もあります。
 
VOGAの扱っている裏地は柄の種類も豊富に取り揃えていて、お客様が選ぶのを悩まれてしまうくらいです。
 
そこで、今回ご紹介したい裏地は、
 
なんと、VOGAオリジナルの裏地です。
 
つい先日完成したばかりでして、お色は三種類。
 
 
 
 
 
この、ネイビーと白ともう一つエンジのお色があります。
 
スーツをオーダーの際は、是非あなた好みの裏地を選んでみてはいかがでしょうか。
 
VOGAスタッフ